<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
飛騨高山

年に一度は関西弁の聞こえない場所へ行きたくなっちゃうんですよね〜。

 

 

というわけで、今週の連休を利用してずっと行ってみたかった飛騨高山へ行ってきました*

 

 

なんと神戸から車で5時間という道のりです!!

 

 

ただ最近の車にはアダプティブクルーズコントロール(アクセル&ブレーキは自動、ステアリングは手動)という半自動運転になる便利な機能があるのでだいぶ快適なドライブでした。

 

 

旅のお供に聴いていたBGMはオールナイトニッポンの「大倉くんと高橋くん」です。

 

 

関ジャニ∞の大倉忠義さんとシンガーソングライターの高橋優さんがやってる番組なんですが、初めて聞きましたけどめっちゃ面白いですね(笑)

 

 

確か数年前、軽井沢行った時のBGMは関ジャニ∞のレコメンやったような気が・・・。

 

 

そんなこんなでラジオを楽しく聴いているうちにあっという間に飛騨高山へ!!

 

 

では、早速腹ごしらえということで高山ラーメンを食しに。

 

 

 

 

 

[麺屋 しらかわ]さんという行列ができる高山ラーメン屋さんへ行ってきました。

 

 

あっさりしているんですが、旨味が物凄くってめっちゃ美味しかったです*

 

 

まだまだ腹ごしらえは続きます。

 

 

 

 

 

 

飛騨牛の握り寿司&みたらし団子&五平餅を堪能してきました♪

 

 

しかし、びっくりしたのが平日にも関わらず観光客の多いこと多いこと!!

 

 

 

 

 

ただ、せっかくのインバウンドに恩恵を受けたいのであれば、もう少し英語表記を増やしてもいいのでは??と思ってしまいましたが・・・。

 

 

で、宿泊は更に飛騨高山の市街地から車で50分の奥飛騨温泉郷へ。

 

 

宿泊先に選んだのが[湯元 長座]です。

http://www.cyouza.com

 

 

 

 

 

 

 

長座さんめっちゃ良いお宿でした!!

 

 

まさに私が求めていた温泉宿でした!!

 

 

お風呂も大浴場と、貸切風呂が3つと、なんと離れにも更に川を眺めながら入れる露店風呂が!!!!!

 

 

しかも、晩御飯が囲炉裏で岩魚焼いて、五平餅焼いて、しまいには飛騨牛のすき焼きですよ!!

 

 

更には、食後にロビーにて持参したビジネス書を読みふけながら、飛騨高山の天然水で沸かしたお茶を頂く。

 

 

まさに至福の時でした〜☆

 

 

ただ、、、

 

 

せっかく関西弁から離れた場所へ旅行したのに、、、

 

 

露店風呂にいたおっちゃん3人組が京都から来てたみたいで、、、

 

 

浴場が関西弁のオンパレードでした・・・。

 

 

またリベンジしたいと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お好み焼き

昨日の日曜日は、この3連休頑張って働いたので早めに閉めて、お好み焼きを食べに行ってきました*

 


と、まずはその前に、みんなで運動がてらBEAMSでお買い物♪

 

 

 

お好み焼き_20171106_1


誰も何も買いませんでした・・・。

 

 

もう冬物一色なんですね〜、って当たり前ですよね。

 


で、みんなお待ちかねの凡でお好み焼きです*

 

 

 

お好み焼き_20171106_2

 

お好み焼き_20171106_3

 

お好み焼き_20171106_4


徳ちゃんは参加できなかったので3人で行きましたが、3人でめちゃめちゃ食べました!!

 

 

凡のホルモン焼きはやばい美味さですねー!!

 


さて、今度は何を食べに行きましょうかね〜??

手作りサーターアンダギー*

なんとスタッフの徳ちゃんがスタッフの為にサーターアンダギーを焼いてきてくれました〜*

 

 

 

 

めっちゃ美味しかったです〜!!

 

 

徳ちゃんはお料理がめっちゃ得意なんです*

 

 

徳ちゃんありがとう☆

 

シンガポール旅行記Last

長々とシンガポール旅行記と題してブログを書いて来ましたが、これが最後です*

 

 

今回の旅行に行った感想を結論から言うと、25年ぶりに降り立ったシンガポールはあまりにも刺激的でした。

 

 

昨年香港に行った時に、腰が抜けるほどの香港パワーに圧倒されていましたが、シンガポールでさらに骨抜きにされたという感じです!

 

 

自分の中で、今後の旅行先を考える良いきっかけとなりました。

 

 

シンガポール旅行で確信したことは・・・

 

 

私はワイのワイキキなんて行ってる場合じゃ無い!!

 

 

ろくに仕事もできていない37歳のペ〜ペ〜がワイキキビーチなんかでのんびり寛いでたらあかんということです!!

 

 

ダイアモンドヘッドからの景色より、シンガポールフライヤーからの景色の方が、何百倍もの「もっと働け!!」というエネルギーを与えてくれました。

 

 

ハワイは「頑張って働いた」と周囲が認めてくれる様になったら、また行く様にします。

 

 

さて、次の旅行先は、バンコク、マカオ、クアラルンプール...どこへ行きましょうかね〜??

 

 

最後に、幕末という動乱の時代をいかに生きるか、吉田 松蔭が死の一年前、松下村塾の塾生に送った言葉をご紹介したいと思います。

 

 

志を立てるためには

 

人と異なることを恐れてはいけない

 

世俗の意見に惑わされてもいけない

 

死んだ後の業苦を思いわずらうな

 

また目前の安楽は一時しのぎと知れ

 

100年の時は一瞬にすぎない

 

君たちはどうかいたずらに時を過ごすことのないように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンガポール旅行記

今回のシンガポール旅行記は日本人として感じたことを書こうと思います。

 

 

(・・・ちょっと重たそうな出だしですよね。)

 

 

私は昨年の香港に続きシンガポールでも同じことを考えてしまいました。

 

 

「本当にこのままで大丈夫なの?・・・日本」

 

 

今、日本では「爆買い」「インバウンド」など様々な言葉で日本に来る外国人観光客がもたらす経済効果を表現しますよね。

 

 

おそらく香港、マカオ、シンガポール、バンコク等に旅行に来ている外国人観光客がもたらす経済効果は日本なんて比にはならないのでは無いでしょうか?

 

 

間違いなく言えるのは、日本はもうアジアのリーダーでは無いということです。

 

 

シンガポールで私が見た光景を見ていただきましょう。

 

 

オーチャードにある伊勢丹のフロアです

 

 

伊勢丹、高島屋の道を挟んだ正面にある中国資本の百貨店です

 

 

もう一度お見せします。

 

 

日本ブランドの人気百貨店伊勢丹です

 

 

伊勢丹の隣にある中国資本の百貨店です

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

ご覧いただけましたでしょうか?

 

 

これが今の日本の姿なんです。

 

 

昨年、香港のショッピングモールのゲームセンターで若者たちがVRで遊んでいる姿にビックリしましたが、シンガポールに来て確信しました。

 

 

「日本はアジア諸国に抜かれたというより、完全に置いていかれたと・・・。」

 

 

海外旅行に出かけて一番良いことは、自分が何気無く暮らしている日本について真剣に考える様になることだと思います。

 

 

最後に、日本の批評家の東 浩紀さんが2015年ツイッターに投稿した文章をご紹介します。

 

 

日本のGDPが今やアメリカの4分の1中国の半分以下で、

一人当たりのGDPは世界27位というのは90年代に20歳代だった僕の世代にとってまさに屈辱的な数字だけど、

より屈辱的なのは、

にもかかわらず日本最高とか言い募る若者がいっこうに減らないことだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンガポール旅行記

今回はシンガポールの歴史について書こうと思います。

 

 

シンガポールはイギリス人のトーマス ラッフルズがイギリス東インド会社のアジア貿易拠点にしたことからイギリスの植民地となります。

 

 

(パレスチナ問題等の今起こる外交問題の大半はイギリスによる植民地支配が原因です・・・。)

 

 

その後第二次世界大戦が勃発し、今度は日本軍がシンガポールを占領しました。

 

 

日本統治時のシンガポールは[昭南島]と呼ばれていました。

 

 

(昭和の一番南にある島で昭南島)

 

 

第二次世界大戦が終結した後は日本から再びイギリスの植民地となりますが、戦争で疲弊しきったイギリスはシンガポールを植民地として維持できなくなり植民地支配を放棄します。

 

 

この時登場するのがシンガポール建国の父、リー クアンユーです。

 

 

リー クアンユーが指導者となりシンガポールはマレーシア連邦に属することを選びました。

 

 

しかし、マレーシア時代も長くは続きませんでした。

 

 

マレー人だけを優遇するマレーシア政府と、華橋が国民の大半を占めるシンガポールの間で内紛が起こりました。

 

 

リー  クアンユーは苦渋の決断でシンガポールを独立国家として歩むと宣言します。

 

 

こうして今のシンガポール共和国が生まれました。

 

 

旅行はただ景色を見て食事を楽しむだけでは面白くないと私は思っています。

 

 

その国の歴史を学ぶことによって見える景色が全然違ってきます。

 

 

あのハワイもデービット カラカウア王とカイウラニ王女について学ぶだけでフラダンスの大切さやカラカウア通りの景色が違って見えてきます。

 

 

ぜひ旅行先の歴史も学んでみて下さい*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンガポール旅行記

今回のシンガポール旅行記はシンガポールの食文化について書こうと思います。

 

 

シンガポールは完全に外食文化です。

 

 

家で炊事をすることは稀で、朝昼晩全て外食で済ませるそうです。

 

 

その為、街中にはフードコートやホーカーと言われる屋台の集合施設が引っ切り無しに並んでいます。

 

 

(ホーカーは路上屋台の衛生管理を懸念したシンガポール政府が衛生管理しやすいよう一まとめにした屋台集合施設)

 

 

 

 

 

 

団地の一階もほとんどが飲食店なんです。

 

 

 

 

ま〜しかし単純にあれだけ物価が高ければ夫婦共働きでないと生計が立たないでしょうから、食事は外で済ませて仕事に専念するのは当然かもしれません。

 

 

で、こんなものを食べてきました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、ほとんど中華です・・・。

 

 

シンガポールは多民族国家ですが、8割が華僑なのでやっぱり中華が主役になっちゃいますよね・・・。

 

 

ちなみにお味はどこもめっちゃ美味しかったです!!

 

 

香港の中華よりはシンガポールの方が食べやすい様な気がしました。

 

 

個人的にはですけどね。

 

 

お値段はほとんど日本円で¥400〜¥500くらいなのでお財布にはめっちゃ優しいです*

 

 

ただ、さすがに毎食これやと限界がきたので、、、

 

 

 

 

 

日系の某抹茶カフェでお口直しをしました・・・。

 

 

さすがに毎食はしんどいかもしれません・・・。

 

 

最後にシンガポールで売っている日清カップヌードルのラクサ味を食べてみました!!

 

 

 

 

 

これめっちゃめちゃ美味しかったです!!

 

 

もっと買ってくればよかったと後悔しております・・・。

 

 

カルディとかに売ってないか探してみましょうかね〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンガポール旅行記

今回のシンガポール旅行記はシンガポールの自動車事情について書こうと思います。

 

 

シンガポールで車を所有できる人はそれだけでもお金持ちということになるそうです。

 

 

何故か??

 

 

それはシンガポールのお国事情があるそうです。

 

 

シンガポールは東京23区と変わらない小さな島国ですが、その面積に550万人の人々が暮らしているそうです。

 

 

もしこの550万人の人々が全員車を所有してしまうと道路は大渋滞で大変なことになってしまいます。

 

 

その為、誰でも車を所有できないようにする為に超高額な税金等を設けてあるそうなんです。

 

 

ちなみに日本ではお馴染みのトヨタカローラは、シンガポールでなんと、、、

 

 

¥10,000,000するそうです!!

 

 

恐るべしシンガポール・・・。

 

 

(ちなみに、その分地下鉄のMRTはめっちゃ安いです)

 

 

で、本題ですが、実際私が街で見かけたシンガポールの車を見てみましょう。

 

 

 

 

はい、ご覧下さいませ。

 

 

やばい車のオンパレードではありませんか!!

 

 

この車達を日本で購入しようと思ったら¥30,000,000~¥50,000,000は必要です。

 

 

そんな車をシンガポールで買おうものなら、、、

 

 

金額を想像しただけでもなんと恐ろしい!!!!!

 

 

最後に、実は今回の旅行で私が一番楽しみにしていたアーキテクチャーをご紹介します。

 

 

こちらです!!

 

 

 

 

出ました!!

 

 

なんとスーパーカーだけが並べられた車の自動販売機なんです!!!!!

 

 

日本でもバラエティー番組等で何度か紹介されていますが、一度この目で確認してみたかったんです〜!!

 

 

(ちなみにレッドヒル駅というめっちゃローカルな場所にありますので観光客は一人もいませんでした)

 

 

こんなことがシンガポールではできちゃうんですね〜。

 

 

やはりシンガポールの経済力は計り知れませんね・・・。

 

 

 

シンガポール旅行記

今週は月〜木まで少し?かなり??遅めの夏季休暇を頂いておりました。

 

 

さて、私はなんと25年ぶりにシンガポールへ行ってきました*

 

 

もうあれから25年が経ったんですんね〜。

 

 

というわけで、25年ぶりのシンガポールはあまりにもブログネタが多かったのでしばらくこのネタで引っ張ろうと思います。

 

 

私が今回利用したホテルはこちらです

 

 

 

 

あ、違う違う・・・

 

 

こちらです!

 

 

 

 

THE FULLERTON HOTELです*

 

 

マリーナベイサンズが凄いとは思うんですが、元々ホテルはコロニアル調が好みでして・・・。

 

 

 

ラッフルズが一番泊まってみたいホテルだったんですが、私の収入では$が足りなかったのでフラトンに宿泊しました。

 

 

1928年に建てられたフラトンは元々シンガポールの中央郵便局や政府機関として利用されていた歴史ある建造物なんです。

 

 

(シンガポール建国の父、リー・クアン ユーもフラトンを演説や接待等で利用したそうです)

 

 

なので館内にはフラトンの歴史が学べる資料がたくさん展示されています。

 

 


 

 

近代的なホテルも見てて楽しいんですが、やっぱり歴史が学べるホテルに泊まりたくなっちゃうんですよね〜。

 

 

ちなみにフラトンの裏側はと言いますと

 

 

 

 

マーライオンパークなんです☆

 

 

私が25年前にシンガポールへ訪れた時にはマーライオンは別の場所にあって、区画整理でここへ移動したんですね〜。

 

 

で、さらにその反対側はと言いますと

 

 

 

 

トーマス ラッフルズ像です☆

 

 

シンガポールはこのラッフルズさん率いるイギリス東インド会社が、アジアと貿易する際のハブ港にしたことから栄えていくこととなります。

 

 

それにしても私が前回訪れた時からたった25年の間にこんなにも経済成長を遂げてしまうとは・・・。

 

 

国民一人あたりのGDPランキングでシンガポールはマカオに次いでアジア2位、世界で10位となっております。

 

 

(ちなみに日本はアジアで4位、世界で22位)

 

 

シンガポールは恐るべし経済力です!!

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロハスフェスタ淡路島2017

淡路島で行われた[ロハスフェスタ淡路島2017]へ行ってきました*

 

 

 

 

この日は超炎天下で朝10時に行ったにも関わらず、もう汗だくです・・・。

 

 

で、早速腹ごしらえということでこちらへ。

 

 

 

 

クレープをご堪能♪

 

 

更に、クレープだけでは欲求が満たされず向かった先はこちら。

 

 

 

 

そう、ここがこの日のメインブース!!

 

 

淡路島バーガーアイランドです!!!!!

 

 

で、私が迷わず並んだお店がこちら!!

 

 

 

 

西村家さんの[神戸匠バーガー]です☆

 

 

ちなみにこの日一番行列を作ったのが、この西村家さんでした!

 

 

なんとこの炎天下の中1時間待ちでした・・・。

 

 

で漸く私の順番が!!

 

 

 

 

これ、写真では伝わりにくいんですが、めっちゃ大っきいんです!!

 

 

ジャンクフーディストの私には、もう最高のひと時でした〜*

 

 

いや〜やっぱりロハスフェスタは楽しいですね〜。

 

 

来月は一年で一番楽しみにしている[ササヤマルシェ]が控えていますからね〜。

 

 

最後に明石海峡大橋の下で記念撮影です☆